2017年 05月 16日 ( 1 )

水芭蕉

信州・戸隠から少し足を延ばしたところにある鬼無里村の奥裾花自然園に行って来ました。
裾花川の源流部にあって、「水源の森百選」にも選ばれている自然園です。
この季節に行きたい行きたいと願いながら、なかなか実行できなかったのが
やっと念願が叶いました。
車が乗り入れ出来る麓の駐車場から自然園の入口付近までシャトルバスで行きます。

駐車場にあった小さな売店に熊避け鈴、杖、貸し長靴等が並んでいて
「気合を入れて行け!」と言われているようでした。

シャトルバスを降り、こんな雄大な景色を眺めながら15分ほど歩き
a0221044_1121297.jpg


やっと自然園の入り口です。
a0221044_11212783.jpg


いきなりの看板!!!
a0221044_11215186.jpg

「音のなるものを身につけてください」と書いてありますが
音のなるものを持っていないので、大声でおしゃべりして行くことにしました。
得意ですから。(  ̄ー ̄)b
熊の恐怖は少しあるものの
(ところどころに熊注意の看板と音の鳴るものが置いてあって、“熊”が現実になりました)
新緑のブナ林の美しいこと!
a0221044_11223469.jpg

樹齢300~400年のブナの原生林です。
雪がかなり多く残っていて寒く、まるで冬に逆戻りしたかのようでした。
雪溶けの水が道に溢れ出て流れていて、売店にあった貸し長靴のわけがわかりました。
このブナの新緑と雪が残るなかに、ところどころ満開のサクラがあって
それは幻想的で見事でした。

雪の中 ひたすら歩いて、やっと目的地の湿原です。
a0221044_1123515.jpg

水芭蕉です。
この水芭蕉が見たくて見たくて、行きたい行きたいと願いながら◎年
恋焦がれていました。
奥裾花自然園は81万株の水芭蕉の群生地で、その規模は日本一だそうです。
目にした光景は想像以上のものでした。
a0221044_11242238.jpg

a0221044_11244230.jpg

奥の方へ進むには残雪が多過ぎて諦めたので、2時間半ほど過ごしました。

前日は安曇野のホテルで過ごし
アップルパイの有名なカフェやら こだわりの蕎麦屋さんやら・・・etc
翌日はこんなふうにほとんど手つかずの自然を堪能できて
信州・・奥が深いですね~
何度でも行きたい場所です。


そうそう・・・
幸い、熊には出会いませんでしたが
猿の集団に出会いました。たぶんボス猿↓
a0221044_11252871.jpg

新芽を食べているんでしょうね~
近距離でカメラを向けても「お好きなように~」って感じで、こちらには目もくれませんでした。








[PR]
by alba_vivi | 2017-05-16 11:34 | お出かけ日和 | Comments(0)

日々のごはんやあれこれ・・


by vivi
カレンダー