カテゴリ:お出かけ日和( 134 )

軽井沢へ

先週の金曜日、軽井沢へ行って来ました。
北陸新幹線が開通して
長野がとてもとても近くなって
今では楽々日帰り圏です。
なので、わざわざ雨の中を出かけることもなく
取りやめにしても良かったのに
レンタカーを予約してしまったという理由だけで
決行しました。


最初はお決まりのチーズ屋さんでチーズフォンデュ
a0221044_10160950.jpg



お腹を満たした後、いきなり地元スーパーへ。
a0221044_10161786.jpg
ジャムだけでもこのスペースです。
ここへ足を踏み入れたら最後、あれもこれも欲しくなるので
お腹を満たして行きました。



燻製屋さん
a0221044_10162874.jpg
このお店、ドラマのロケに使われたお店です。
高橋一生さんがお買い上げの燻製チーズ買いました♪



雨のハルニレテラス
a0221044_10163480.jpg


雨の旧軽井沢銀座
a0221044_10164475.jpg


フィナーレは万平ホテルのテラスで
ジョンレノンが愛したアップルパイを。
a0221044_10165008.jpg
雨に濡れる木立をボーッと眺めて座っていました。
居心地が良くて、つい長居してしまいました。


軽井沢は思ったほどの雨降りでもなく
傘が要らなかったところも多くて
楽しかった~♪で帰って来ましたが
帰宅してテレビをみて驚きました。
一日で大雨の被害が拡大され
恐ろしいニュースが流れていました。
雨の降り始めだったので、のんきに出かけました。
知らなったとはいえ、申しわけない気持ちでいっぱいです。








[PR]
by alba_vivi | 2018-07-08 10:39 | お出かけ日和 | Comments(0)

今年も山菜料理

立山有料道路の入口・桂台です。
a0221044_08452058.jpg
右へ行くと、美女平を通り立山黒部アルペンルートへと続きます。
マイカーはこのゲートまでで
この先はマイカー乗り入れ禁止です。
左へ行くと、落差日本一の称名滝へ続きます。


しかし、すぐそこにあるというのに
アルペンルートが目的でもなく、称名滝が目的でもなく
目的は毎年恒例の
ゲート近くにあるお店の山菜料理です。
a0221044_08452660.jpg
一度会うとお友達、二度目はもう親戚付き合い・・・な感じの
おばさんが切り盛りされているお店です。
始めて行った時、友達のように話しかけられて
「どこかで会ったっけ??」と思ったのが昨日のことのようで
それから10年近く
予約の電話をすると
「待ってるね~ 気をつけて来て~」と言われ
「あ~~ 今年も元気だ~♪」とホッとする。
山菜も楽しみだけど
身内のように接してくれるおばさんに会うのも楽しみ。

お互いに素性も知らないんですけどね。。。









[PR]
by alba_vivi | 2018-06-04 08:59 | お出かけ日和 | Comments(0)

滝めぐり

家から車で40分ほどのところにある宮島峡です。
川に沿って いくつかの滝が点在します。
a0221044_10490264.jpg

大きな道路から15分ほど入っただけなのに
鳥のさえずりとせせらぎしか聞こえない深山幽谷の世界です。
実は滝が大好き。
せせらぎの音、大好きです。
σ( ̄。 ̄)・・水瓶座なので。


一の滝
a0221044_10490796.jpg

一の滝は「小ナイアガラの滝」と呼ばれています。
でも
この滝は落差3m
ナイアガラの滝、落差53m
・・・・・
言ったもん勝ちですね。


二の滝
a0221044_10491265.gif


紅葉シーズンは人が多いですが
このシーズンは人はまばらです。
こんなにきれいな新緑なのに、もったいないこと!


三の滝
a0221044_10491857.jpg

落差が大きい直爆型の豪快な滝も好きですが
ちょっと足を入れてみたくなるような小さな滝も大好きです。


宮島狭には有名彫刻家さんによるヴィーナス像が12体
数百mおきに置かれています。


水浴のヴィーナス
a0221044_10492435.jpg


ギリシャ神話の水を汲むヴィーナス
a0221044_10492986.jpg


個人的にいちばん好きな人魚姫マーメイド像
a0221044_10493489.jpg


すぐ近くにあるリフレッシュ空間です。
夏になったら、また行きます。












[PR]
by alba_vivi | 2018-05-28 11:06 | お出かけ日和 | Comments(0)

道の駅

近くに道の駅がオープンしました。
a0221044_23424898.jpg

物販コーナーの面積よりも
海を眺めながらお茶出来るカフェと
何か所かある展望スペースの面積が広くて
物販よりも展望をメインにした感じです。

a0221044_23425327.jpg
ここは
「日本の渚百選」
「白砂青松百選」
「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟している
富山の絶景「雨晴海岸」です。
地元に住んでいてもここを通るのが気持ちが良くて
遠回りになってもこの道を通って帰ることもあるくらいの
大好きな場所

a0221044_23425936.jpg


a0221044_23430532.jpg
海越しの立山連峰のポスターに使われている風景です。
この時の立山連峰は上の方が少しだけ見えてました。

a0221044_23431027.jpg

あ、
「雨晴(あまはらし)」という名前の由来は
源義経と弁慶が奥州平泉へ落ち延びる時
岩の下で雨宿りしたということから
「雨晴」になったとか・・です。







[PR]
by alba_vivi | 2018-05-22 23:58 | お出かけ日和 | Comments(2)

玉露をいただく

金沢の兼六園近く、石川県立美術館の奥に
パティシエ辻口博啓氏のカフェ
「ルミュゼドゥアッシュKANAZAWA」がありますが
a0221044_10354146.jpg

そのフロアのいちばん奥に設けられている和モダンなお茶室
「コンセプトG」へ行って来ました。
緑の回廊とよばれる本多の森にあって
大きなガラス窓の向こうには緑が一面に広がっています。
a0221044_10383281.jpg

辻口氏のコンセプトである「和をもって世界を制す」で
「和」と「スィーツ」の新しい融合の試み
このお茶室では本玉露とオリジナルスィーツのコースをいただきます。
コンセプトGのGは玉露のGだそうです。

季節のお茶「ヴェールヌーボー」
a0221044_10384240.jpg


「デセール」
ブラッドオレンジのグラニテ ピンクグレープフルーツのコンポート
アールグレイのジュレ
a0221044_10430656.jpg
スプーンの上にひとひらの銀箔
金沢はなんでも金箔なのに・・・
銀なんですね・・と ふと思ったりしました。
素敵でした♪


a0221044_10431114.jpg

宇治本玉露 「一煎目」 「二煎目」
a0221044_10431651.jpg
この茶器は玉露の滴をイメージして
辻口氏がデザインし
能登島ガラス工房で作られたものだそうです。


茶香炉が運ばれて来て
各自、お茶の枝で混ぜ、香りを楽しみます。
a0221044_10472418.jpg
これは最後に炒り立てほうじ茶として出てきます。
演出がとても素敵です。


「三煎目」と「デセール」
a0221044_10472949.jpg
三煎目は熱出しです。
デセールは白桃とライチのスフリフィケーション
ガトーショコラ ピスタチオアイス 能登産ブルーベリーのソース
能登大納言とマンゴームースの求肥包み マンゴークリーム


「宇治本玉露おひたし」
a0221044_10473400.jpg
茶葉の出がらしにお醤油をかけて、おひたしのようにしたものです。
これがなかなかの美味でした。
茶葉と聞かされていなければわからなかったくらい
上等の茶葉ならではの味と食感ですね。


「結びのお茶・炒り立てほうじ茶」
a0221044_10474540.jpg
茶香炉の上で楽しみながら炒っていたほうじ茶です。
もちろん味も香りも格別です。


「デセール」
a0221044_10473990.jpg
枝豆のスープにドーム型のメレンゲ
メレンゲの中には能登ひかりっ娘とリュバーブのコンフィ
苺のムースが隠れています。
十字に置かれた細いチョコレートが
ほど良い味のアクセントになっていました。


素敵な空間、優雅な時間、この上なくリフレッシュしました。



〆は場所を移動して
a0221044_10475028.jpg
辻口氏のパン屋さん「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」へ
店名の意味は小麦粉同士の結婚だそうですよ。
店の隅で小麦粉を挽く石臼が回っています。
一番人気の食パンを買って帰宅。


辻口スタイルに染まった日でした。







[PR]
by alba_vivi | 2018-05-10 11:12 | お出かけ日和 | Comments(0)

GW

GWだし
すごく良いお天気だし
「家にいるのもなぁ~~」って
ドライブに出かけました。
目的もないけれど、とりあえず西の方へ
世界遺産五箇山に近いところにある道の駅に入りました。


こちらのレストランで食べた「よごし丼」
a0221044_23060637.jpg
「よごし」は富山の郷土料理
茹でた野菜をきざんで、味噌で味付けしたものです。
味噌味でご飯に合わないわけがないものを
丼にしているので、美味しいに決まっていますね。


直売コーナーで見つけて、即!!買いました♪
a0221044_23061540.jpg
本名「ねまがり竹」・・・富山では「すす竹」です。
これ、全国のどこにでもあるものと思っていたら
北海道から東北、日本海側の北陸から鳥取の一部地域までなんですね~
ネットのおかげで「へぇ~ そうなんだ~」と知ることの
なんと多いことか。。。


帰りにトマト農家さんに立ち寄って
こだわりトマトを大人買い!
たった半日のGW、でも盛りだくさんで大満足です。








[PR]
by alba_vivi | 2018-04-30 23:14 | お出かけ日和 | Comments(0)

タケノコ山へ2

今日もタケノコ掘りへ♪
つまずきそうになって、足元を見れば
ちょこっと頭を出しているし
見渡せば あちらこちらにあるし
面白くって、楽しくって、夢中で掘りました。
収穫大です。
a0221044_22462774.jpg
カセットコンロを持って行ったので
その場で焼いて、熱々を食べて・・贅沢な宴を楽しみました。
焼くのに忙しくって、食べるのに忙しくって
気がついたらカメラを取り出す暇もなく
宴が終わったら
山椒の木の芽を摘んで
a0221044_22494271.jpg

お茶の葉を摘んで
a0221044_22495161.jpg
山の恵みを満喫して来ました。


さすがに少々疲れてしまったので
タケノコも木の芽も
下処理は明日にして
今夜は摘んで来たお茶の葉をハーブティのように淹れて
a0221044_22495829.jpg
「ホ~ッ」といただいてから休みます。

おやすみなさい~♪








[PR]
by alba_vivi | 2018-04-22 22:54 | お出かけ日和 | Comments(0)

八重桜

塩漬け用の桜を摘みに行って来ました。
友人宅の山の中に咲く「楊貴妃」という名の八重桜です。
a0221044_23113580.jpg
八重桜は色の濃い花が多い中で
「楊貴妃」はソメイヨシノのような淡い色です。

せっかく咲いているのに
これから咲こうとする7分咲き、8分咲きを摘むわけで
ちょっぴり罪悪感を感じながら
必要な分だけ摘ませてもらいました。

今年は塩漬けの他にシロップ漬けにもトライしてみたくて
満開の花も少し・・
a0221044_23114406.jpg
桜の木に申しわけないので、上手く作らないと。


山には白木蓮が咲き・・
a0221044_23120136.jpg

椿も・・
a0221044_23120664.jpg

シャガも・・
a0221044_23121323.jpg
春を実感します。
雪国は冬が長くて、春を待ちわびているのに
春を感じないまま、気がつけば初夏・・なんてことも多々あります。


今年は雪が溶けたら いきなり桜、いきなり山菜で
何度となく山へ行き
春を満喫しています。









[PR]
by alba_vivi | 2018-04-14 09:35 | お出かけ日和 | Comments(0)

お花見@枝垂れ桜

今年も枝垂れ桜のお花見をすることが出来ました♪
毎年 ここだけは欠かさずお花見に行くところです。
ここは個人の山で、無料開放されています。
しかも、いつ行っても手入れが行き届いて
それを持続させる努力に頭が下がります。
a0221044_22504023.jpg

a0221044_22505789.jpg

a0221044_22512132.jpg

a0221044_22513178.jpg
山全体が桜のカーテンに覆われたような感じがします。
・・・って、的確な言葉で表現できないもどかしさ
ボキャブラリー不足を痛切に感じます。
表現するってなんと難しいものでしょうね~


春は山菜採りにお花見に・・・忙しい季節です。








[PR]
by alba_vivi | 2018-04-11 22:56 | お出かけ日和 | Comments(2)

タケノコ山へ

友人宅の竹林へタケノコ掘りに行って来ました♪
a0221044_23463038.jpg
気持ちの良いこと!
時々 さわさわと風が吹く音が聞こえるだけで
静寂そのものです。
タケノコを掘るよりも
ずっと佇んでいたいような
体の中が浄化されていくような気持ちになります。

今年は桜の開花も早いし
山菜も早い
焦ります。

タケノコ掘りはテクニックが必要で
地面から顔を出しているのは穂先部分だけなので
鍬の入れ方が重要なポイントです。
先っちょだけしか取れなくて
何度「あッ!失敗!」になったことか・・

a0221044_09030073.jpg

若干 時期が早かったけれど
「あッ!失敗!」のタケノコは無しでも
これだけ収穫がありました。
上々です。

a0221044_21165797.jpg

掘って来たタケノコは
すぐに下処理だけして
明日 いろいろに料理する予定。
まず 絶対にはずせないタケノコご飯
こちらもはずせない富山の郷土料理・タケノコの味噌煮
酢の物・・天ぷら・・・
はぁ~ 楽しみです。






[PR]
by alba_vivi | 2018-04-10 23:54 | お出かけ日和 | Comments(0)

日々のごはんやあれこれ・・


by vivi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31